イラストレーターとは?仕事の流れ等をプロが解説

31,411のフリーランス
WEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

    検索結果から語句を除外したい場合は、
    語句の前に「-」を付けます。
    例: Ruby -CoffeeScript

    イラストレーターとは?

    イラストレーターと言えば、名称通り、雑誌・新聞、チラシなどの挿絵、イラストを描く人のことです。

    これ以外、最近はコンピューターの画面用のビジュアルデザインを描くイラストレーターも、一つの職種として確立されつつあります。

    Illustratorや、その他グラフィック用のソフトを使ってコンピューターの画面用のイラストを描きます。

    CGを使って描くCGイラストレーターと似ていますが、ネット上の場合、美しいと同時にパソコンに負担をかけないよう、できるだけ軽いものを描く必要がありますし、ネットの様々な機能に対応したものを作らなければいけません。

    イラストレーター

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    イラストレーターはまだ新しい仕事

    イラストレーターは、グラフィックデザインなどの仕事から転身するケースが多いのですが、サイト制作などの中小企業の場合、Webデザイナーが兼任することが多いものです。

    今のところ、イラストレーター専門の人は数少なく、どちらかと言えば、イラストレーターも兼ねた、マルチに仕事をこなせる人を求めるケースが多くなります。

    イラストレーターは副業に向いた仕事?

    会社に所属して仕事する場合、Webデザイナーなども兼ねて仕事する形が多いのですが、自称イラストレーターと称する人は、フリーで仕事するケースが多いものです。

    実際のところ、フリーの場合イラストレーターのみで生活するのは難しく、大手広告代理店などとのコネを持つか、自分で積極的に営業活動を行う必要があります。

    普段は普通に会社勤めするか、アルバイトをしながら空いた時間に、副業的にイラストレーターの仕事も行うという形なら、比較的簡単に副収入を得ることができます。

    実力次第で高収入も可能

    広告代理店やサイト制作会社などでも、できるだけ経費を抑えるためイラストなどは外注に出すケースが多いものですが、求人でもフリー契約のイラストレーター募集の求人広告をよく見かけます。

    サイトでも、フリーの人専門の求人情報を掲載しているところがあり、イラストレーターで検索すれば求人情報を見つけることができます。

    これ以外、フリーのイラストレーターと求人先を橋渡しする派遣会社もあり、こうした派遣会社に登録して仕事をもらう方法もあります。

    初めは単価が安くても、イラストを描く腕が認められれば次第に報酬をアップしてもらうことができますし、他の仕事を紹介してもらえることもあります。

    イラストを描く腕に自信があるのなら、自分の可能性をさらに広げることも出来る職種なのです。

    イラストレーターを
    詳しくみる

    イラストレーター

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    持っておくとよい
    資格・検定情報

    資格・検定情報をもっとみる

    イラストレーター

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    案件を探す