プログラマーとは?仕事の流れ等をプロが解説

45,823のフリーランス
ITエンジニア案件掲載!

    検索結果から語句を除外したい場合は、
    語句の前に「-」を付けます。
    例: Ruby -CoffeeScript

    プログラマーとは?

    プログラマーとは、COBOL、C、java、SQL、PHP、Ruby等のプログラミング言語を使用してプログラムを作成する仕事です。

    また作成したプログラムはパソコン、スマートフォン、ネットワーク機器、家電製品、工業製品等のハードウエアに塔載されます。

    言語の種類は様々で、1つの言語だけで作成する場合もあれば、複数ミックスさせることもあります。

    プログラマー

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    仕事の流れ

    まずどのようなシステム構成にするかや、どのような機能を実現するかといった内容について基本的な設計書をシステムエンジニアが作成します。

    そして次にこの設計書を元に、プログラマーがプログラム作成の手順などを細かく定義した詳細設計を作成します。

    詳細設計に従いながらプログラミング言語を用いてプログラムを組み、プログラムを機械が理解できる形に翻訳し、動作確認、デバッグや導入へと進みます。

    基本的にはこのような流れになりますが、結合テストやリリーステスト、機能仕様に関するドキュメント作成などを担当することもあります。

    また初心者の場合はコーディングのみからはじめて徐々に他のフェーズに慣れていくケースがほとんどです。

    プログラマーの種類

    WEBプログラマー、組込み系プログラマー、汎用機系プログラマーなど、プログラマーにも色々なタイプがあります。

    WEBの場合はサーバ系とWEBブラウザ系の2つに分類されます。また主にjavaや.netなどのプログラミング言語を使用してシステムを作っていきます。

    組込み系は電化製品や自動車、航空機などに塔載されるプログラムをアセンブラ系と言われる言語を使用して組み、汎用機系はデータベースを基本とした帳票関係のプログラミングになるケースがほとんどです。

    根気のいる仕事

    プログラミングが終わるとテストに入りますが、この段階で何度もテストやデバッグを繰り返したり、設計をやり直したりといった作業になることがよくあります。

    場合によってはテストに半年以上かけることも少なくありませんので、プログラマーは言語や設計スキルに加えて根気や忍耐力も大事な仕事と言えます。

    またある程度経験を積むと、詳細設計より前のユーザ折衝や基本設計等のフェーズに参加したり、ユーザ折衝にも参加したりとシステムエンジニアの担当を担っていく方が大半です。

    プログラマー兼SEからSE、そしてSE兼ネットワークスペシャリストになる等、徐々にステップアップしていくことができます。

    プログラマーを
    詳しくみる

    プログラマー

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    持っておくとよい
    資格・検定情報

    資格・検定情報をもっとみる

    プログラマー

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    案件を探す