DTPデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性についてDTPデザイナー

DTPデザイナーの平均年収

37,110のフリーランス
WEBクリエイター案件掲載!

    検索結果から語句を除外したい場合は、
    語句の前に「-」を付けます。
    例: Ruby -CoffeeScript

    DTPデザイナーの平均年収

    DTPデザイナーの年収は、平均的に見ると大体350万円くらいです。DTPデザイナーには女性もいて、女性の場合、男性よりも少し下がり、300万円くらいになります。年代別に見ると、20代で280万円くらい、30代で320万円、40代以上だと360万円くらいとなります。

    勤務形態は会社によって異なり、残業の連続、という人もいれば、大体定時に帰れる、という人もいますし、休日出勤が多い場合もあれば、完全週休二日の人もいます。また、DTPオペレーターの位置づけも、会社によって、ディレクター的に高い地位にある人もいれば、編集の仕事の下部的な存在の場合もあります。

    会社の形態によって差が

    DTPオペレーターと言っても、勤務する場所は、出版社、広告代理店、印刷会社と様々です。出版社や広告代理店で、出版物の編集からDTPデザインまでトータルに行っているようなところだと、DTPデザイナーも比較的高めの給与となります、逆に、雑誌社、広告代理店の下請け的に、デザイン、DTPのみ行っている印刷会社だと、やや給与は低くなります。ただ、出版社でも大手から中小まで様々で、会社の規模によっても給与に差が生じます。

    やはり経験が大事

    DTPデザイナーは、ただ紙面をレイアウトするだけでなく、見た目が美しく、読者の気を引くよう、巧みにレイアウトを行わなければいけません。これには、センスが求められますし、締切に間に合うよう、決められた時間内で仕事をこなさなければいけません。さらに、クオークエクスプレスなどの専門ソフトも使いこなせるようになる必要もあります。

    こうしたことから、DTPデザイナーは、やはりある程度の経験を積む必要がありますし、経験を積んでてきぱきと仕事をこなせるようになれば、それに応じて給与も上がります。DTPデザイナーは、良くも悪くも、ある程度実力主義なのです。経験があり、納期を守れるスケジュール管理能力やディレクターの意向を飲み込む能力があれば、さらに高い収入が望めます。

    熟練したDTOデザイナーを目指すために

    どのような仕事でも、経験が重視されるものですが、特にDTPデザイナーの場合、それが顕著です。はじめはアルバイトででも仕事をはじめ、雑用をこなしながら、ベテランのDTPデザイナーの人に仕事を教わり、徐々に仕事を覚えていき、クオークエクスプレスの使い方も勉強すれば、次第に仕事に慣れ、いづれはDTPデザイナー一筋でやっていけるようになりますし、将来的に独立することも可能となります。

    DTPデザイナー

    ITフリーランスに特化した求人・案件検索サイト AKKODiSフリーランスとは

    DTPデザイナーを
    詳しくみる

    DTPデザイナー

    案件を探す